初めての喪主と葬儀

祖母が死んだ時に家庭の事情で私の母が喪主をつとめました。

 

本当に複雑な家庭環境だったので、葬儀は大変かもしれないと思っていたのですが、母は一所懸命やってくれて、お通夜もお葬式も無事にできる事ができました。
家族葬儀ではなく、祖母の友人やご近所さんも来てくれて、祖母の話をたくさん聞くことができました。

 

私はそれだけで胸がいっぱいになったのですが、大人になってみるとあの時の母の大変さが分かるようになってきました。

 

まずは葬儀費用もそうですし、誰を呼んで誰を呼ばないかも考えていたみたいです。

 

縁を切っている家族もいたので、余計に気疲れしてしまったようで、あの後母は少しの間ぼんやりしていた理由を今になって何となく理解しました。
母の場合はやらなければならない状態で凄く頑張ってやっていましたが、喪主というのは楽なものではありません。

 

私の旦那も次に不幸があれば喪主になる可能性がありますから、母に教わろうと思っています。